お知らせ
 会長挨拶
 同窓会報−明徳−
 同窓会支部
 広島経済大学
  同窓会会則
 個人情報の取り扱いに
  ついて
 リンク
広島経済大学同窓会
 〒731-0192
 広島市安佐南区祇園
        5−37−1
 TEL:082-871-1086
 MAIL:dousoukai@hue.ac.jp

 


 



広島経済大学同窓会
会長 竹村雅之

 
 平成29年度学位記授与式にあたり、学校法人石田学園広島経済大学同窓会を代表致しまして、一言ご挨拶申し上げます。
 卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。保護者の皆様、本日は誠におめでとうございます。また、多くの学生をご指導いただきました石田理事長先生、小谷学長先生をはじめ教職員の皆様方にも心より御礼申し上げます。

 同窓会は、昭和46年に結成され、本日ご入会をされた皆さんを合わせると35,500名を超える大組織となります。現在同窓会には会を支えていただく38の支部があります。廿日市・大竹支部、島根県支部等の地域支部、プランニングサプライ支部等の職域支部、サークル支部、ゼミ支部等があります。興動館支部も仲間入りしましたので皆さんも、どこかの支部にご入会をいただき同窓会の活性化にご協力いただきたいと思います。
 さて皆さん、先月は冬季オリンピック、平昌オリンピックが幕を閉じました。日本の若者がメダルを目指して全力で挑戦したくさんのメダリストが誕生しました。私たちにも大きな感動を与えてくれました。一方、政治色の一杯にじんだスポーツの祭典となったことは純粋にスポーツを愛する人間として残念でなりません。
 2020年には東京でオリンピック・パラリンピックが開催されます。私は先日、2020 東京オリンピック・パラリンピックの招致委員、谷真海さん旧姓佐藤真海さんの講演を聞きました。その時のお話を紹介したいと思います。
 谷さんは小学生の時は水泳の選手として活躍し、中学、高校では、陸上の選手として活躍し、大学では、チアリーダーとして活躍していましたが、大学二年生の時に右足首に骨肉腫を発症され、医師から、数週間後に右膝から下の切断をしなくてはいけないと言われました。谷さんはそれを告げられた時「自分の部屋で一人大泣きをしました。」と言われました。
 そんな時にもかかわらず谷さんは「私にとって大切なことは、私がもっているものであって、私が失ったものではない」ということを学んだそうです。谷さんはリハビリを始め、義足で走る事が出来るようになりました。その後、走り幅跳びの選手として2004年アテネパラリンピックから3大会連続パラリンピックに出場されました。2013年9月には、ブエノスアイレスにおいて開催された、2020 東京オリンピック・パラリンピック招致委員会のプレゼンターを務められました。谷さんの「スポーツによる夢・笑顔・希望・絆」のプレゼンテーションに、フィリップ・クレイヴァンパラリンピック会長も、最高の賛辞を贈られ、開催決定に大きな貢献をされました。
 谷さんはスポーツの力により笑顔を取り戻し、大きな夢を持たれました。
 ここで夢を持つことを自分の人生訓にされた「日本資本主義の父」渋沢栄一の人生訓、夢七訓を本日のはなむけの言葉とさせていただきます。 

    夢七訓

  夢なき者は理想なし
  理想なき者は信念なし
  信念なき者は計画なし
  計画なき者は実行なし
  実行なき者は成果なし
  成果なき者は幸福なし
  故に幸福を求むる者に
  夢なかるべからず


 皆さん、夢に向かって広島経済大学での勉強を糧とし、若者らしく力の限り挑戦してください。
 最後に今年10月27日土曜日、リーガロイヤルホテル広島で広島経済大学同窓会総会を開催いたします。新入会員の皆さんは無料にて招待します。ぜひ出席してください。
 皆さんと再会出来ることと、皆さんのこれからのご活躍とご健勝を祈念いたしまして、私のお祝の言葉とさせていただきます。

平成30年3月16日(広島経済大学学位記授与式の祝辞として)

学校法人石田学園 広島経済大学同窓会 
会長  竹村雅之